社会福祉法人 宏和会のホームページへようこそ!!

095510
qrcode.png
http://sw-kouwakai.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 

清輝苑

 

職員の声

職員の声
 
  
 私は平成17年4月に入職し、今年で11年目を迎えました。
 事務職員ではありますが、施設にご入所している高齢者の方々、またそのご家族様と接することのできる今の仕事にやりがいを感じています。
 
 一昨年は第二子出産のため、産休・育休を取らせていただきました。復帰後も、職場の皆さんに暖かく迎え入れていただき楽しく働いています。子供の体調不良等で突然仕事を休んでしまう日もありますが、『お互い様』と職員同士が助け合って働いていけるのがここの職場の大きな魅力のひとつだと実感しています。
 
 現在は介護保険請求を中心に業務をこなしています。日々の仕事の中で知識を増やし、施設に必要とされる人材になるよう頑張っていきたいと思います。
 
 
 私は平成24年4月より清輝苑の事務職員として入職しました。
 大学では全くの別分野である、工学部情報工学科に所属していました。主にC言語やjavaと言ったプログラミング言語について学習していましたが、就職するに当たり「人の為に人に感謝される仕事がしたい。今後益々需要が拡大するであろう介護福祉に関する事について学びたい」といった動機から今の仕事に就きました。
 
 現在、主に経理の仕事をしています。入職して4年経ちましたが、皆様和気藹々としていて、とても明るい職場環境のなか仕事出来ています。
 全く別分野からの入職でしたが、当法人はチューター制度を取り入れており、チューター職員が懇切丁寧に指導してくださるので、安心して仕事ができます。その結果、福祉系以外の学部出身の職員も多いのが特色です。
 事務の仕事は、請求業務や経理業務、入所申込、契約、その他ご家族様からの相談に乗ったりと、業務が多岐に渡るので、とてもやりがいのある仕事であると思います。これからも業務に幅を効かせ、励んでいきたいと思っております。
 
 
 私は事務職で入職しましたが、事務員としてご利用者様と接していくうちに、だんだん介護職にも興味を持つようになり、ホームヘルパーとして働く機会を得ました。
 
 当初は施設と在宅ケアの違いに戸惑いを感じる事もありましたが、その時は研修や勉強会に参加させていただき、研鑽を積みました。その後3年勤務し介護福祉士の資格を取得し、今はサービス提供責任者を務めさせていただいています。
 
 事務職と介護職の両方を経験し、様々な知識を得て、多くの経験を積むことができました。それらは何にも代えがたい財産です。ここは“自分はこうなりたい”“こう働きたい”という希望を叶えることが出来る職場です。挑戦するチャンスは職員全員、平等にあります。ここで得たものを十分に生かし、今後も今以上にもっと地域の方に貢献できるヘルパーになりたいです。
 
 私は清輝苑在宅介護支援センターで生活相談員をしています。
 仕事内容は、主に地域に根差した相談支援事業(フィールドソーシャルワーク)を行っています。具体的には、独居高齢者宅への訪問・相談事業や、いきいきサロンなどの介護予防教室、お昼にお弁当を配達する配食サービスなどを行っております。
 時には大変なこともありますが、 同時にやりがいも感じております。仕事をしていて、「嬉しい」と感じるのは、私自身が「生活を支える一部」になれていると実感できた時です。例え高齢になっても、いつまでも健やかに生きがいを持って過ごして頂きたい。そういった思いで常に利用者様主体の相談援助をしていくよう心掛けています。
 
 宏和会では職員のやる気や資格などに応じて、様々にキャリアアップできることが特色です。私自身それまでは施設サービスの介護職員として日々利用者様のケアに従事しておりましたが、資格を取ることで、在宅介護支援センターの相談業務に携わらせて頂いております。今後もより地域の方々へ貢献出来るよう業務に励んでいきたいと思っています。
<<社会福祉法人 宏和会>> 〒348-0006 埼玉県羽生市大字下村君1169 TEL:048-565-1165 FAX:048-565-3949